03-6380-8241
営業時間 9:00~22:00 / 郵便問合せ10:00~17:00
休業:祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

アクセス

【コワーキングスペース体験談】コワーキングスペースの利用経験

【コワーキングスペース体験談】コワーキングスペースの利用経験

[記事公開日]2018/08/20 / [最終更新日]2018/08/20

この記事の内容はコワーキングスペースを利用された方から広く一般的に体験談をお聞きして文章化したものです。ナレッジソサエティのコワーキングスペースを利用しての体験談ではございませんのでご注意ください。

 

コワーキングスペースの利用経験ですが、仕事に集中したい環境を作れるという意味では決して悪くはありません。空調や照明などはもちろんのこと、スペース的にも一人が仕事をするためには十分と言えば十分です。電源コンセントも用意されていますし、インターネット環境も整っています。必要であればプリンター、コピー、FAXなどを利用することもできますし、付箋やマーカーなどの一般的な文房具類も揃っていますから、普通にオフィスで仕事をする環境と同じレベルのものが用意されているということができるでしょう。

パソコンに関しては借りることもできますが、これは基本的には自分のパソコンを持参して利用するものと考えていたほうがよいかもしれません。スペース的にはいろいろな利用形態があります。最もプライベート感が確保されるのは個室ということになりますが、その分だけ料金も高くなります。また、個室と言ってもドア付きで完全にプライバシーが確保されるものもあれば、壁に囲まれてはいるものの入口にはドアがなく、廊下を行き来する人が見えるものもありますし、同じ壁でも天井まで達するものもあれば単なるパーテーションレベルで、立ち上がれば向こう側が見える程度のものもあったりします。

個室でなければ共有スペースで仕事をすることになりますが、この共有スペースも完全に長机に椅子が並べられているだけのものもあれば、一応は一人分のスペースごとに小さい仕切りがあるものもあります。仕切りの代わりに一人用の机が並べられているものもあり、これは一般的なオフィスとあまり変わるところがないかもしれません。ただ、いずれの場合でも個人用の引き出しなどはないことが普通です。あくまでも一時的にその場所を借りて使わせてもらうだけですから、個人の書類などを常時保管しておくスペースではありません。普通の大きさのカバンやビジネスバッグ等であればその場に持ち込んで置くスペースも十分にありますが、あまりにも大型の荷物は受付カウンターで別に預かってもらうとか、コインロッカー等を利用することが求められます。

多くのコワーキングスペースでは、飲み物はフリードリンク制になっていることが多いです。つまり利用料に含まれているわけです。これはネットカフェなどの利用形態に近いところがあるかもしれません。ミネラルウオーターやお茶、コーヒー、ジュース類がセルフサービスで利用可能になっています。一部には飲み物は別料金で有料のところもありますが、その場合でも市販品よりは安い価格に設定されていることが多いです。ただし仕事をする場所ですから基本的にアルコールドリンクはありません。また食事に関しても対応されていないところが多くなっています。

利用料金ですが、普通はまず会員登録が必要で、その入会金と後は利用時間に応じた従量料金になっています。一時的にちょっとだけ利用したい人も多いですから、最低利用単位は30分や1時間などに設定されています。そのほか、例えば4時間の半日パックや終日利用できるパック料金の設定がされていたりします。どんなケースでもそうですが、長時間利用するほど単価としては割安になるでしょう。

営業時間としては、例えば朝の9時から夜の8時くらいまでということもありますし、24時間営業のところもあります。会社員などが一時的に利用することの多い店舗では終日営業してもあまり集客は見込めませんから夜には閉まるところも多いですが、一方でフリーランスの人やベンチャー企業の経営者などが多く集まる店舗では終日営業していることもあります。

このようなコワーキングスペースを利用するメリットですが、やはり仕事に集中できる環境があるということが大きいでしょう。このような店舗を利用しない場合の選択肢としてはファストフード店や喫茶チェーン店ということになるのでしょうが、やはりそういう店舗は基本的に仕事をすることを前提として作られているわけではありませんからいろいろとストレスもあります。他のお客さんの話し声がうるさくて集中できないということもあるでしょうし、電源一つ、インターネット環境一つとってもなかなか仕事に向いているとは言いがたいでしょう。

また、他の人がそれぞれに仕事をしている環境というのは適度に緊張感があり、自分の仕事もはかどるものです。学生時代に家の自分の部屋ではなかなか勉強がはかどらず、教材一式を持ってわざわざ近くの図書館に行って勉強した経験を持つ人も多いでしょう。そばに同じようなことをしている人がいることで自分も頑張らないとという緊張感、集中力が芽生えるのは自然なことです。

コワーキングスペースはまだまだ一般的な存在とは言いがたく、使いたいときにすぐに使えるだけの店舗網があるとは言えない状態です。ですが、利用経験を持つ人が多くなることで確実に広まっていくのは間違いないと言えるでしょう。

TOPへ